名称未設定 001

こんにちは。skydです

みなさんは、プレゼンテーションをする時、どのソフトをお使いですか?恐らく、99%以上の方がPowerPointを使っていると思います。学校でも習いますしね…

ただ、ずっとジョブズのプレゼンを見てきた僕は、どうしてもKeynoteを使いたい人です。PowerPointでプレゼンするときも、Keynoteで作って、書き出してやっています。

ところで、このKeynoteをリモート操作するKeynote RemoteというiOSアプリ、「発表者ノート」と呼ばれる原稿と、スライドを同時に表示できるスグレモノで、僕も練習などによく使います。

ところがこのアプリ、接続がWi-Fiだと快適に動いてくれるのですが、外出先などでは、普通はBluetoothを使うと思います。Bluetoothだと、速度が出ず、スライドを表示するのが遅かったり、いろいろ問題が出てきます。

そこで、僕はいつも外出先でもWi-Fiを使って接続しています。Bluetoothに比べると、若干接続が面倒ですが、今回はその方法をご紹介します。


Wi-Fiアンテナを積んでいるMac

あまり知られていないことかもしれませんが、Macには、Wi-Fiのアンテナが搭載されており、これを使うと自分でWi-Fiネットワークを作成することもできるのです。

つまり、Macを使ってWi-Fiネットワークを構築、それにiOSデバイスを接続すれば、どこでもWi-Fi接続でKeynote Remoteを使うことができるというわけなんです。

早速やり方を紹介します。

スクリーンショット 2013 08 16 13 07 09

システム環境設定→ネットワークと進み、ネットワーク名を選択するところで、「ネットワークを作成」を選択します。

スクリーンショット 2013 08 16 13 08 20

そして、このような感じに設定します。

セキュリティが弱いといえば弱いです。160ビットにすれば高く出来ますが、WEPなので、あまり期待はできません。

まぁネットワークを作成します。

IMG 2189 2

あとはiOSデバイスでWi-Fiネットワークに接続し、普通にKeynote Remoteを繋ぐだけです

さいごに

なんか、Wi-Fiネットワークを作成するだけの話になってしまいましたが、これを使えば、どこでも快適にRemoteを使えます。

みなさんも、是非使ってみてください。かっこいいですよ!