Breezi placeit

どうも、skydです。僕の学校では、約5人に一人が学校のグループに入っているLINEです。

これだけ人がいると、24時間、いつでも誰かがいるみたいな状態で、依存するのも分かります(笑)

さて、このLINEの僕があまり好きではない機能が、「既読」のシステムです。

この既読を回避する方法を、自分なりにまとめてみました。


1:機内モードを使う

方法:

まず1つ目、機内モードを使う方法です。

LINEは、起動時にメッセージは読み込まれます。そして、それを開封した時、そのことをサーバーに送信しています。

ということは、読み込んだ後、機内モードにしてインターネットを切断し、メッセージを確認すれば、既読はつかないのです。

IMG 0039

この画面で、メッセージはロードされていますが、既読は送信されていません。よって、この画面を開いてから機内モードにし、メッセージを開けば、いいのです。

iOS7になると、LINEで既読を付けないのが簡単になる話 | i-skyd

こちらにも書きましたが、この作業を行うのに、iOS7の新機能「コントロールセンター」はとても便利です。

脱獄しているならば、SBSettingsを使ってもいいかもしれませんが、後ほどご紹介するTweakをインストールしたほうがいいです。

また、この方法は、Macでも同じように使えます。

いいところ、悪いところ

この方法のいいところは、iOS7なら、かなり気軽にできるということです。いいところは、それだけかも…

悪い所は、新しくメッセージをロードできないところです。新しいメッセージをロードするには、もちろんですが機内モードを解除しないといけません。その瞬間、既読のシグナルが送信されてしまいます。

これを考えると、この方法はあまり現実的ではないかもしれません。

2:非アクティブウィンドウを使う

方法

アクティブウィンドウと、非アクティブウィンドウという言葉をご存知ですか?

画面の中で、一番上に来ていて、入力などができるウィンドウを「アクティブウィンドウ」、それに対し、下のほうで、クリックしてから出ないと入力ができないウィンドウを「非アクティブウィンドウ」といいます。

そして、LINEの既読は、どうやらアクティブウィンドウでないとつかないようです。しかし、非アクティブウィンドウでも、メッセージはロードされます。これを使うことで、LINEの既読を付けずに、読むことが出来ます。(もちろんコンピューターに限ります)

スクリーンショット 2013 08 21 18 11 50

こんな感じです。左がアクティブウィンドウ、右が非アクティブウィンドウで、トーク画面を表示しています。

いいところ、悪い所

この方法のいいところは、どれだけメッセージが更新されても、全部読めることです。そんな感じです。

悪い所は、まずウィンドウの移動がしにくくなります。Macなら何とかなりますが、Windowsだと厳しいでしょう。

そして、間違えてクリックすると、既読がついてしまいます。

さらに、相手からメッセージが来ることを先に読み、ウィンドウを開いておかないといけません。個人でのチャットだと、難しいかもしれません。

3:通知で読む

通知センターをONにしていれば、そこでメッセージの内容をプレビューできます。これは簡単なので、設定方法などは省略させていただきます。

この方法は、僕は使っていません。なぜなら

  • 通知センターの最大件数は10なので、10のメッセージしか読めない(十分な気もする)
  • 長いメッセージだと、全部表示されない
  • 通知センターが汚くなる

からです。これは現実的は現実的ですが、機能面で弱いと思っています。

+α:脱獄アプリ「Line No Last Seen」の使用

レポジトリ:http://cydia.hiraku.tw

これを追加し、検索すると出てくる「LIne No Last Seen」をインストールすると、なんとLineの既読がつかなくなります。

これは、唯一、メッセージを送信できます。しかし、脱獄という特殊な環境が必要になるため、+αとして紹介させていただきました。

さいごに

これを考えると、やはり脱獄の偉大さを実感しますね。

LINEの既読の送信をブロックしているのでしょうが、それをMacでも実装できるスクリプトなどは公開されていないようです。私の知識ではとても作れません。

既読を付けないのは難しいです
が、方法は全くないわけではありません。それだけでも、覚えておいていただけたらと思います。

以上、skydでした。

LINE App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

LINE App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料