Iskydblog 2013 09 20 at 23 38 35

skydです。iOS7と同時に、Xcode5が公開され、iOSシュミレーターでもiOS7が使えるようになりました。

僕は、iOSシュミレーターをブログのデザインの確認や、Webアプリの開発などに使っていますが、これを毎回Xcodeから起動していたら、時間がかかりすぎます。

今回は、このiOSシュミレーターをLaunchpadから普通のアプリのように起動する方法をご紹介します。

iOSシュミレーター.app

iOSシュミレーターは、Xcodeの一部としてですが、アプリケーションとして存在しています。

場所としては、ここです。

ここにアクセスするショートカットを作り、これをアプリケーションフォルダのなかに入れておいてあげると、Launchpadから単体で起動できるようになります。

Iskydblog 2013 09 20 at 23 43 36

 

作り方ですが、まず、Finderの移動→フォルダに移動を選択し、先ほどのファイルパスをコピー、Enterを押します。

Iskydblog 2013 09 20 at 23 52 08

この中の「iOSシュミレーター」のエイリアスを作成します。

Iskydblog 2013 09 20 at 23 52 28

パスワードを要求されるので、入力してください。

あとは、このエイリアスをアプリケーションフォルダに入れてあげれば、完了です。

Launchpadから起動してみてください。

さいごに

なかなか見つけられない場所かもしれませんが、こいつを単体で起動できるとできることの幅が広がります。

普通のユーザーの方は使う機会があまりないかもしれませんが、少しでもブログのデザインを弄る人なら、この方法はかなり使えると思います。

ぜひ使ってみてください。iOS7サイコー

以上、skydでした(^^)