12/31追記:Mobile Substrateのアップデートにより、この記事の内容は必要なくなっています。詳しくはこちら

名称未設定 1

しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。普通に記事を書いてしまい、申し訳ありません。

iOS7の完全脱獄ツールがリリースされ、iPhone5sやiPad mini Retinaディスプレイモデル、iPad Airの脱獄が可能になりました。

これらの端末には「A7」という最新のチップが搭載されており、64bitの環境で動いています。

これによって、脱獄アプリのほとんどが動作しない状況になっているようです。今回は、この事を詳しく、かつわかりやすくご説明します。


A7チップとは?

A7チップとは、AppleがiOSデバイス向けに開発したプロセッサの事です。

Apple a7 01

13年12月25日現在、このA7チップを搭載したデバイスは

  • iPhone 5s
  • iPad mini Retinaディスプレイモデル
  • iPad Air

の3つです。

このチップのスゴイところ、それは64bitに対応したところです。

64bitとはなにか。

ASCII.jp:思わず人に教えたくなる64bit CPUの話 (1/2)|ぱそぢえ~3分で分かるPCの基本
詳しくはこちらに書いてありますが、簡単にいえば処理が早くなったり、スゴイわけです。

このために、システムにも変更が生じています。

Mobile Substrateとは?

Mobile Substrateとは、簡単に言えば「脱獄アプリの親分」です。

ほとんどの脱獄アプリ、特にiOS自体の改造を行う脱獄アプリには、ほとんどこれが必要です。

有名なものでは

  • Activator
  • SBSettings
  • NCSettings
  • Auxo

いくらでも挙げられます。これらのアプリは、Mobile Substrateがなければ動きません。

64bitにMobile Substrateが対応してない∑(゚Д゚)

こうなるわけです。64bitと32bitでは使用するシステムが異なります。

32bitのものを使えないわけではなく、そこをAppleがどうしているのかは分かりませんが、普通に考えると64bitでiOSを動かしているでしょう。

すると、これを改造するMobile Substrateも64bitに対応する必要があるのは分かりますね?

ただ、現在これが出来ていません。よって、脱獄アプリの大半は対応していないのです。

さいごに

「脱獄アプリが5sで動かない」

と言った趣旨のコメントを数件頂きました。

脱獄アプリを紹介するのに、この情報を書いていなかったのは、私の配慮が足らなかったと反省しています。

Mobile Substrateが対応した場合にはもちろんブログを更新しますので、しゅんぼー(@shun_kashiwa)をよろしくお願いします。