IMG 0097

こんにちは。生活に音楽はつきものなしゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

さて、音質に関してはWalkman>iPhoneっていうのが世の中の常識というか、普通そんな感じに思われています。
「iPhoneだから音質は仕方無い」と言われていることもよく見ます。

確かに、マニアの人が求める音をiPhoneで流すのは無理かもしれません。
ただ、あなたがデフォルトの設定のまま「音が悪い」と言っているなら、まだ改善の余地はあります。

今回は、そんな人にために、iPhone(iPod touch)を使ってできるだけ高音質で音楽を聞く方法を1からご紹介します。

iTunesの読み込み設定を変える

CDから音楽を取り込む場合、その設定を変えてあげると音質が向上します。

音質は通常、「ビットレート」というものを使って表します(ビットレートだけで決まるわけではありません)
これは、一秒間にどれだけの音楽データを使うかを示した値で、大きければ大きいほど音が良いという事になります。
例えば、「320kbps」がMP3の最高ビットレートですが、これは「一秒間に320KBのデータを読み込む」という意味です。

ただ、「ビットレートが大きい=音質がいい」という訳でもなく、その形式によっても異なります。
「AAC 256kbps」というフォーマットは、「MP3 320kbps」というフォーマットと同じくらいの音質だと言われています。
これは、AACの方が後に出てきた規格で、圧縮効率がいいからです。

 さて、iTunesの初期設定では、「AAC 256kbps」となっています。
AACというファイル形式で256kbpsという意味です。iTunesで配信されている音源もこの形式になっています。

しかし、これではCDから取り込んだ時点で音質に劣化が生じます。
AACやMP3といった「非可逆圧縮」の形式では、ファイルサイズを小さくするため、細かい音を消していってしまうのです。

ということで、CDの音質を劣化させずに取り込むことの出来る形式で取り込めば、音質を上げることが出来るのです。

Iskydblog 0026 02 08 19 30 00

iTunesの設定を開きます。

Iskydblog 0026 02 08 19 30 18 3

「一般」タブにある「読み込み設定」を開きます。

Iskydblog 0026 02 08 19 30 34

この「読み込み方法」を変えることで、取り込む形式を変更します。

この中で、CDの音質のまま取り込むことの出来る形式は3つ

  • WAV
  • AIFF
  • Apple ロスレス

です。CDをそのまま取り込みますので、これらはすべて同じ音質になります。

では何が違うかというと、「ファイルサイズ」が異なってきます。

「WAV」「AIFF」はそれぞれWindows,Mac標準のファイルで、全く圧縮しません。音の波形をそのまま記録しています。
それに対し、「Appleロスレス」は独自に圧縮をしています。

「圧縮」といっても、元の状態に戻る圧縮で、これを「可逆圧縮」といいます。 これは、MP3やAACのように劣化しません。
イメージとしては、「WAV」や「AIFF」をZIPで圧縮し、再生する度に解凍する感じです。 

音質は同じですので、ファイルサイズを考えると「Appleロスレス」がオススメです。

Iskydblog 0026 02 08 19 42 29

Appleロスレスで取り込んだ音楽の情報(プロパティ)です。
「種類」が「Apple ロスレス・オーディオ」に、サイズとビットレートが大きくなっているのが確認できます。

 音質を上げる一つの手段として、「取り込む形式を変える」というものがあります。

アプリを使う

取り込んだ音楽のデータは完璧!では再生するプレーヤーを変えてみましょう。

個人的には、「UBiO」という音楽プレーヤーがオススメです。
独自の仕組みを使って音質を向上させながら再生してくれます。

UBiOミュージック, ユーティリティ¥500

Download this App

500円と若干高めなのが難点ですが、買って損はないアプリです。

IMG 0141

まず、設定からはたくさんのヘッドホンのプリセットを選択できます。
自分のヘッドホンが無ければ 、一番上にある「UBiO Default」の中の自分の好きなモノを選びましょう。

IMG 0142

また、プリセット以外に、自分で好みの音を作ることが出来ます。
中心の赤い丸を動かして、自分が気持ちいいところで止めましょう。

このシンプルな操作も、僕がこのアプリを好きな理由の一つでもあります。

こんなこともありました。みなさんもヘッドホンのプリセットをお願いすれば追加してもらえるかもしれません。

他にも、「BBE SonicMax」などのアプリもオススメです。

SonicMax Proミュージック¥300

Download this App

このように、アプリを使って音質を上げることが出来ます。

ヘッドホンを変える

これは若干ずるいかもしれませんが、一応書いておきます。
いいヘッドホンを使えば、いい音がでます。当たり前といえば当たり前です。

僕はBOSEの「AE2i」というものを使っています。価格は18000と、普通のイヤホンよりは高く、なお高すぎない価格帯です。

正直、もう純正イヤホンの音は聞けません。全然違います。
もじ上の2つの方法で満足できなければ、ヘッドホンを変えるのも一つの手です。

さいごに

僕は、音楽が本当に大好きで、本当にずっと音楽を聴いています。

身近だからこそ、いい音で聞いて欲しい。そんな思いでこの記事を書きました。

ここに書いた方法は面倒なものもあります。お金も少しはかかります。
それでも、それに見合うものは得られると、僕は思っています。

この記事が、みなさんの音楽生活の参考になれば幸いです。しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。