Iskydblog 2014 03 08 12 13 51

どうも、しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

「出かけようとしたらiPhoneを充電していなくて、バッテリー残量が少なくなっていた」
というようなことは、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 今回ご紹介する「iBetterCharge」を使えば、MacやPCからiPhoneのバッテリーを監視し、少なくなった時に通知してくれます!

これは便利ですよ!


ダウンロード

「iBetterCharger」はMac/Windows向けのフリーウェアです。

iBetterCharge by Softorino Inc.
こちらからダウンロード、インストールを行ってください。

なお、iOS 5以降のiPhone,iPad,iPod touchで使用できます。

僕の環境がMacなので、この記事のスクリーンショット等はすべてMacのものになります。

設定

まず、このソフトがiPhoneを監視できるようにします。

ケーブルでコンピュータとデバイスを接続し、「iTunes→端末の名前→概要」と進みます。

Iskydblog 2014 03 08 12 23 37

「オプション」の中の「Wi-Fi経由で同期」の部分にチェックを入れます。

この設定ができれば、あとはケーブルは必要ありません。

バッテリー残量を確認する

Macの場合はメニューバー、Windowsの場合は通知領域に「iBetterCharge」のアイコンが表示されるはずです。

Iskydblog 2014 03 08 12 26 33

このように、ここからデバイスのバッテリー残量を確認することができます。

通知の設定

最後に、バッテリー残量が少なくなった時と充電が完了した時の通知の設定を行います。

メニューバーから「Preferences」を選択します。

Iskydblog 2014 03 08 12 29 19

ここで設定を行います。

上のスライダーで、通知を出すバッテリー残量を設定できます。
下の部分の項目にチェックを入れると、フル充電になったときに、通知や音を出すことが可能です。 

さいごに

なかなかおもしろいアプリだと思います。

僕の場合ですが、iPodを充電しているか調べるためにわざわざ階段を登ったりしていたので、このアプリはかなり役立ちそうです。

以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。