Osx hero 2x

Mac使いのしゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

学校の関係でDVDを作らなければいけなくなったのですが、Mac向けのフリーの良いソフトが見つかりませんでした。
Windows LIVE DVDメーカーというのもあるのですが、マカー的には使いたくない←

じゃあiDVDを使えばいい!と思ったのですが、Appleによるサポートはとっくに終了済み。

ドキドキしながら無理やりインストールしてみたところ、なんとか動きました。

今回は、そのインストールの方法をご紹介したいと思います。 

記事公開後に公開された「OSX 10.10 Yosemite」でも同じ作業でiDVDを使うことが出来ます。

必要なファイルのダウンロード

次のファイルが必要です。

先にダウンロードしておいてください。

インストール

普通にインストールできないので、少し複雑になります。

まず、iDVDのアップデートをマウントします。

Iskydblog 2014 03 23 23 01 01

中のパッケージを、アーカイバーで開きます。

そして、デスクトップなどわかり易い場所に展開します。

Iskydblog 2014 03 23 23 02 30

その中にもパッケージがありますので、この中身を表示します。

Iskydblog 2014 03 23 23 03 14

Payloadというファイルが有りますので、これをダブルクリックしてください。

Iskydblog 2014 03 23 23 04 03

すると展開され、iDVD.appができるはずです。
ここまでできたら、アプリを~/Applicationsにコピーしましょう。

しかし、このままだと使うことができません。パッケージをインストールするときにインストールされるファイルがコピーされていないからです。

先ほどダウンロードした「iDVD Folder」を使います。

Iskydblog 2014 03 23 23 06 02

ZIPを解凍すると「iDVD」というファイルができます。

Iskydblog 2014 03 23 23 06 43

「移動→フォルダへ移動」を選択し、「/Library/Application Support」に移動します。

Iskydblog 2014 03 23 23 06 50

その中に、先ほどの「iDVD」フォルダをコピーします。

ここまでできたら、iDVDを起動してみてください。

Iskydblog 2014 03 23 23 08 21

はい。インストールできました。

後は、iDVDを普通に使うだけです。

さいごに

古いソフトなので大変ですが、作るとなかなかかっこいいものができます。

他のソフトもいくつか試しましたが、iDVDに敵うものはありませんでした。さすがAppleですね。

以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。