Blurtop

Mac使いのしゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

ブログを書いていたり、Webサイトを作っていたりすると、ボカシのかかったかっこいい画像が欲しくなる事があると思います。
背景をぼかすとカッコいいですよね。

今回は、画像を簡単にぼかすことが出来るMacアプリ「LensBlur」をご紹介します。
ブログの記事執筆、Web制作がはかどります!! 

Lens Blurグラフィック&デザイン, 写真¥1,000


LensBlur

Mac App Storeから購入できます。

なかなかの値段するのですが、良いアプリです。

ぼかしてみる

それでは、写真をぼかしてみましょう。

A0001 012850 m

横浜の夜景です。綺麗ですよね。 これを、ぼかしていきましょう。

Iskydblog 2014 04 06 10 18 22

LensBlurを起動すると、このような画面になります。 このWindowに、画像をドラッグ・アンド・ドロップします。

Iskydblog 2014 04 06 10 19 52

このような画面が開くと思います。

ここで、ぼかしの設定をしていきます。

Iskydblog 2014 04 06 10 21 01

「Lens」では、現在5種類のレンズをシミュレーションすることができます。

Iskydblog 2014 04 06 10 21 49

「Preset」では、下の詳細な設定のプリセットを選択できます。
自分でいじるよりも簡単にフィルターをかけられるということです。

A0001 012850 m lb

2

この2つの組み合わせだけでも、このようにカッコいいボカシをかけることができます。

また、その下で細かい設定を行うと、より自分の好きな画像を作ることも出来ます。

Iskydblog 2014 04 06 10 26 27

さらに、上の画像のように「Sample Overlay」を選択すると、生成された画像を使った時にどのようになるかテストすることが出来ます

Iskydblog 2014 04 06 10 27 47

Twitterのカバー、iPhoneのホーム画面など、様々なものがあります。

Iskydblog 2014 04 06 10 28 27

書き出す場合は、File→Exportと進み、形式と共有先を選択すると書き出されます。

数日前のアップデートで非常に高速になりました。

さいごに

ブログのアイキャッチや、Web制作に本当に使えます。
この記事の一番上の画像の背景も、LensBlurで設定しました。

Photoshopなどでもできますが、LensBlurならより簡単にできます。

気になる方は、ぜひお試しください。
以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。

Lens Blurグラフィック&デザイン, 写真¥1,000