Iskydblog 2014 04 07 18 07 03

Mac,iOS共にTweetbotのしゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

ずっと気づいていなかったのですが、「Tweetbot for Mac」で、右クリックをすると、色々なことが簡単にできるようになります。

Tweetbot for Twitterソーシャルネットワーキング, ユーティリティ¥2,000

今回は、Tweetbot for Macを右クリックするとできることをご紹介したいと思います。


右クリックとは?

「Macって右クリックはないんじゃないの?」という話もあるかと思います。

現在のOSXには、しっかりと右クリックが搭載されています。

 

Iskydblog 2014 04 07 18 10 59

トラックパッドの設定にある「副ボタン」という機能が、Windowsでいう「右クリック」に当たるものです。
デフォルトでは二本指でのクリックが設定されていますが、他の動作に割り当てることも出来ます。

また、「control」を押しながらクリックすることでも右クリックが行えます。

Macでは、右クリックを使わずにすべての機能を使うことが出来ます。
「そんなのクールじゃない」と思われるコアなMacファンの方もおられるはずです。

しかし、わざわざメニューバーにカーソルを持って行くより、右クリックの方が早い場合も数多く見受けられます。 

Tweetbotで右クリック

それでは、本題の方に移りましょう。

Iskydblog 2014 04 07 18 16 24

まず、普通のツイートを右クリックしてみます。
URLの取得、会話を見る、翻訳など、ツイートに関わる情報を見ることが出来ます。

Iskydblog 2014 04 07 18 18 00

ユーザーのアイコンを右クリックすると、そのユーザーに関する情報を見ることが出来ます。
 ミュートしたり、リムーブしたりすることも1クリックで可能です。

Iskydblog 2014 04 07 18 19 58

ツイートの右上辺りに表示されているリツイートボタン。これを右クリックすると、リツイートするアカウントを選択できます。

「本アカウントで見つけたツイートを、サブアカウントでRTする」なんてことが右クリックから可能です。

Iskydblog 2014 04 07 18 21 32

また、歯車のアイコンを右クリックすると、「Post Link to Tweet」という項目が出てきます。

これをクリックすると、

Iskydblog 2014 04 07 18 22 33

このように、そのツイートへのリンクをツイートすることが出来ます。

「コメントしたいけど非公式RTでは入りきらない…」という時に使えそうですね。

さいごに

他にもいくつかあるようですが、実用性のあるものを選んでご紹介しました。

特に最後の2つは非常に分かりにくいのですが、覚えておくと便利だと思います。

以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。

Tweetbot for Twitterソーシャルネットワーキング, ユーティリティ¥2,000