Iskydblog 2014 04 12 7 35 01

どうも!しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

MacでRSSを読むなら、やっぱり「Reeder」ですよね!

Google Readerの終了によって使えなくなっていたMac版Reederが、Feedlyに対応して帰ってきました!

まだベータ版ですが、その完成度は非常に高く、十分に使えるものになっています!


Reeder 2 for Mac Public Beta

ダウンロードは、Reederの公式サイトから無料で行えます。

★ reeder for mac
「Download Beta 1」をクリックすると、zipがダウンロードされます。

解凍すると、Reeder.appが現れますので、アプリケーションフォルダにコピーしましょう。

使ってみる

それでは、早速使ってみましょう。

Iskydblog 2014 04 12 7 30 33

設定から、アカウントを追加します。

  • Feedbin
  • Feedly
  • Feed Wrangler
  • Fever

に対応しています。

僕の場合はFeedlyを選択しました。
Googleアカウントと関連付けてあるので、GoogleのIDとパスを入力することで、本当に一瞬でログインが完了しました。

Iskydblog 2014 04 12 7 49 15

こんな感じで表示されます。

僕がReederの気に入っているポイントとして「ショートカット」があります。

例えば、上の画像の状態で、矢印キーの右を押します。

Iskydblog 2014 04 12 7 48 57

すると、このように記事のページをブラウジングすることが出来ます。

記事のリストの画面で上下キーを押せば、記事を進めたり戻ったり出来ます。

これを駆使すれば、マウスを使うことなくRSSの処理ができます。

さいごに

さすがReeder!Betaでも十分使えます。

今まではReadkitをメインに使ってきましたが、これからはReeder一本になりそうです。

早く正式版が出て欲しいですね!以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。