iPhone5s使いのふくどです。

「テザリング」って聞いたことありますか?iPhoneでは「インターネット共有」と表示されるものですが、各キャリアではテザリングオプションが無料で利用できることもあり、「つけている」方も多いと思いますが、今回はその”テザリング”についてのお話です。

テザリングの使い方


iPhoneや、キャリア契約をしているiPadから設定→インターネット共有を開きます。

こうすることで、iPhoneやiPadが「Wi-Fiスポット」として検出され、各キャリアの通信を、接続した「子機」からiPhone経由で利用できるというものです。早い話がiPhoneを「Wi-Fiルーター」にしてしまおうというもの。

接続の仕方

PCにケーブルを挿す

Lightningケーブルをパソコンに挿すと、自動的にメニューが表示されます。なお、iPod touchや非キャリアのiPadなどはこの方法を利用できません。

「Wi-Fi」で繋ぐ

子機から「Wi-Fi」の設定を開き、少し待つと親機(iPhoneなど)の名前が表示されます。

「Bluetooth」で繋ぐ


個人的にはこれをおすすめします。双方のBluetoothをオンにして、ペアリングをし、設定したパスワードを入力して接続します。

Wi-Fi接続にくらべてブチブチ切れたりせず、とても安定性が高いです。また、親機のBluetoothをオンにしておけば、親機を操作せず、子機からBluetooth接続をするだけでテザリングを使えるので便利です。なお、「Wi-Fi」をオフにしていても使えます。

「落とし穴」。iPhone同士をBluetooth接続は出来ない!

実は、iPhoneとiPhoneをBluetoothで繋ぐことはできないんです。「親機iPhone」「子機iPhone」という接続は出来ないということですね。

「親機iPhone」「子機iPod touch」や、「子機iPad」などは問題なくBluetoothで接続可能とのこと。

つまりどういうことかというと、解約済の古いiPhoneを、Bluetooth経由でテザリングして利用する、なんてことが出来ないわけです。

なお、「Wi-Fi」での接続ならできます…。

まとめ

ちょっと使う機会があったもので、「えっ…」となりました。
Bluetoothの仕様なのかもしれませんが、改善して欲しいものです。
まあ、iPhoneは子機になるなんてことないだろう、という想定のもとなのでしょうね。

以上、ふくどでした。(iPhone5sからするぷろを使ってのポスト)