June 2014 posterframe 2x

しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

来月3日未明に行われる「WWDC 14」の基調講演ですが、その映像をストリーミングで世界中に放送するとAppleが発表しました。

今まで、行われたり行われなかったりしていたAppleのストリーミングですが、今回は確実に行われるようです!


狭きWWDCの枠

How to Get WWDC14 Tickets 435671 2

Appleは世界最大手のIT企業。そのアプリなどの開発をしているデベロッパーの数はしれません。

昨年のWWDCでは、13万円ほどするチケットが1分と少しで完売するという事態も発生しています。

そのため、今年からは抽選になっていますが、そこで落ちてしまった開発者も多くいます。

ストリーミングで配信するというのは、デベロッパーの数の多さからのものなのかもしれません。

閲覧方法

Apple – Apple Events – Special Event June 2014

こちらのページが、イベント開始(日本時間3日2時)の数時間前にアップデートされ、ライブストリーミングが開始されることになっています。

Safari 4以降のSafari,OSX 10.6以降のMac,iOS 4.2以降のMobile Safari,Apple TV Software 5.0.2以降のApple TVでライブストリーミングを閲覧できます。

なお、イベントの度、Apple TVには特別なチャンネルが追加されるようになっています。

## さいごに

ストリーミングがあったりなかったり。我々としては、ブログの更新もやりやすくなるので、嬉しい発表です。

WWDC 14の情報は、WWDC 2014 特設ページで配信していきます。

当日には、Apple好きでハングアウトを行いたいと思っていますので、少しでも興味があればしゅんぼー(@shun_kashiwa)宛にTweetをお願いします。

以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。