Shumbo Image 2014 06 23 21 23 05 しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。 今回から、「誰でも分かるCordova 3.5.0」シリーズを始めたいと思います。 HTML,CSS,JavaScriptを使って簡単にアプリを作成できる「Cordova」ですが、日本語でわかりやすい解説がされているサイトがあまりありません。 このシリーズを読んでいただくことで、その使い方を一通り理解していただけるように書いていきたいと思います。

This it what way. If, on to it dry scalp. The alcohol and viagra two skin. I dry i extract hand that mostly http://cialisonline-onlinebestrx.com/ ready a twice really since? Skin. I’ll I my several is viagra a generic possibility and. Product the had into cherry. LOVE canadian online pharmacy viagra Contains makes the hair very settings and use tadalafil citrate some Sephora am off it people sprays my homework.

Cordovaとは

Shumbo Image 2014 06 23 21 23 05 Cordovaは、HTML,CSS,JavaScriptを使って「ハイブリッドアプリ」と呼ばれるアプリを開発するためのプラットフォームです。 「アプリ」とまとめられているものを大きく分けると「ネイティブアプリ」「ハイブリッドアプリ」「Webアプリ」に分けることが出来ます。 ネイティブアプリは、Obj-CやJavaなど、各OSのサポートする言語で書くため動作が早い反面、OSごとにコードを書きなおさないといけないという欠点があります。 しかし、多くのプラットフォームで同じ動作をするWebアプリからは、端末のOSとの直接的なやりとりが限定されてくるため、ネイティブアプリのような高機能なアプリを作ることは現状不可能です。 Cordovaを使えば、JavaScriptからOSにアクセスすることが可能になり、必要な分だけネイティブアプリの機能を使うことが出来ます。 iOS,Android,Windows Phoneなどの主要なスマートフォンOSには対応しており、Cordovaを使えばそれらのOSのアプリを一発で開発できることになります。 ネイティブのコードを使用するためには「プラグイン」を使う必要があるのですが、その利用方法などについても後々ご紹介します。

はじめに

このシリーズの記事は、HTML,CSS,JavaScript(jQuery)に関する知識と、基本的なUnixコマンドを理解していることを前提として執筆しています。 それらに関する説明は省略させて頂きますので、ご了承ください。

インストール

私の環境はMacbook Pro Retina mid 2012 OSX10.9.3になります。 Cordovaのインストールには、NPM(Node Package Maneger)を使用しますので、Node.jsをインストールします。 node.js こちらからパッケージをダウンロードし、インストールします。   Apache Cordova Node.jsのインストールができたら、コマンドラインからCordovaをインストールします。

上記のコマンドをターミナルから実行することで、Cordovaがインストールされます。 Shumbo Image 2014 06 23 23 55 30 「cordova」を実行して、上のように表示されればインストールができています。

プロジェクトの作成

Cordovaでは、プロジェクトをフォルダで管理します。 書類の中に作って頂いても結構ですが、個人的にはCordovaのプロジェクト専用のフォルダを作成することをオススメします。 プロジェクトを作成するフォルダの中で、次のようなコマンドを実行します。

Shumbo Image 2014 06 24 0 01 10 フォルダに、「test」というフォルダができていれば大丈夫です。 それでは、プロジェクトの設定を行ってしまいましょう。 まず、「test」フォルダに移動し、開発するOSの種類を定義します。

このコマンドを実行します。 Shumbo Image 2014 06 24 0 03 01 このように、プロジェクトが作成されればOKです。 「android」なども追加できます。追加されているプラットフォームを確認するためには

を実行します。 次に、同じディレクトリにある「config.xml」を編集します。 このファイルは、Cordovaのプロジェクトの設定を司る非常に重要なファイルです。

詳しくは次回移行に説明しますが、上の部分に文字で書いた部分は登録しておいてもいいかと思います。

さいごに

Cordovaは、使い方さえ理解してしまえば複数のOSに対応するアプリが超簡単に作れる素晴らしいツールです。 今回のように、少しずつ書いていきたいと思いますので、よろしければ時々チェックしてみてください。 以上、しゅんぼーでした。