しゅんぼーです。

先日から公開されている「ATOK」のiOS 8向けのキーボードですが、本日アップデートが公開され、これまでは表示が崩れてしまっていたiPhone 6と6 Plusで正常に表示されるようになりました。

はみ出さない!

これまで、iPhone 6や6 Plusの高解像度ディスプレイに対応していないアプリでATOKを使おうとすると、画像のようにキーボードの右側がはみ出てしまっていました。

まあこんなたわいもない会話をするにも一苦労だったわけです。

しかし、今朝公開されたアップデートによって、この問題は修正されています。

まだiPhone 6,6 Plusに対応していないアプリ(LINE)でも、きちんと表示されているのがわかるかと思います。

僕は持っていないので分かりませんが、6 Plusではキーボードを左右に寄せる機能が、その配置を記憶するようになったそうです。

さいごに

Appleの規定によりインライン変換ができないのは分かるのですが、ならもう少し確定キーを大きくして欲しかったり、半角スペースをいつでも打てるようにして欲しかったり、色々突っ込むところはあります。

この記事も、結局純正のキーボードで書いてしまっています。

今後のATOKが、純正キーボードを超えることを期待したいと思います。

以上、しゅんぼーでした。