IMG 1986

しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

先ほど公開された「iOS 8.1」に合わせて、「iCloud Photo Library (Beta)」というものが有効化されています。

これをオンにしてあげると、撮影した画像がiCloudにアップロードされ、他のデバイスからダウンロードされたり、開発者登録をすればWebから閲覧することも可能です。

追記:10月21日15時04分

後述の「Web版iCloudにおける写真アプリ」が一般向けにも公開されています。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

設定からオンに

IMG 1986

設定→iCloud→写真と進み、「iCloud Photo Library (Beta)」を有効化します。

警告が表示されますが、指示に従うと有効化できます。

Shumbo Image 2014 10 21 at 03 15 34

まだ完全にアップロードが終わっていませんが、iCloudのストレージ管理からはしっかりと容量を使っていることが分かります。

僕は200GBのiCloudのストレージを持っているので、写真でも十分使えるかと思います。

iCloud Photo Libraryをオンにすると、他のデバイスとLibraryを介して写真を同期します。
また、現時点では開発者のみへの公開ですが、Webから見ることもできます。

無料のSafariのデベロッパー登録でもiCloudのβ版「beta.icloud.com」は使えるようになります。

もし興味のある方は、Safariのデベロッパー登録をしてみてください。

UIなどは、他のサイトでも紹介されています。

さいごに

Appleが行っているサービスだけあって、そのiPhoneやMacとの親和性は非常に高いのではないかと思っています。

FlickrやDropboxなど他にも写真をクラウドで管理する方法はたくさんありますが、個人的にはかなり気に入っているサービスです。
200GBあればとりあえず大丈夫そうですし。

Web版が早く一般公開されて欲しいですね。非常に便利です。

以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。