Shumbo Image 2014 10 21 at 03 42 54

しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

先ほど公開された「iOS 8.1」と「OSX Yosemite」を使えば、インターネットを経由してMacのメッセージアプリからSMSを送信することが可能になります。

今回は、このSMSの連携を設定する方法をご紹介したいと思います。
初回時にはPINコードを使ってiPhoneを認証する必要があります。 

SMSをMacから

まず、Macのメッセージアプリを起動します。

Shumbo Image 2014 10 21 at 03 50 58

この人ですね。

メッセージを作成し、SMSを使用する電話番号を入力します。

アプリはiMessageを優先しますので、相手がApple製品でiMessageを有効化している場合にはそちらでメッセージが送信されます。

Shumbo Image 2014 10 21 at 03 40 09

電話番号を追加すると、このようなダイアログが表示されます。
ここでは「Turn On」を選択します。

Shumbo Image 2014 10 21 at 03 40 18

すると、画像のような6ケタの数字が表示されます。

同時に、iPhoneにも通知が届き

IMG 1987

先ほどの6ケタのコードを入れる画面になります。後ろのWi-Fiスポットのは関係ありません(笑)

これが完了すると、MacからSMSが送れるようになるはずです。 

Shumbo Image 2014 10 21 at 03 43 41

宛先にはこのように表示され、「Text Message」であることが分かります。

さいごに

あまりSMSは使わないのですが、使う人にとってMacから送信できることは非常に便利なのではないでしょうか。

なお、この機能は同じネットワークに接続していなくても、それぞれがインターネットに繋がっていれば動くようです。

今後も、MacとiOSの更なる連携強化に期待したいですね。
以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。