IMG 9626

こんにちは、さくまごめです。

数字入力に徹したキーボード(配列)のテンキー。MacBookを始めとするノートパソコンでは省略される場合が多いのですが、Excelなどで数字をたくさん入力する場合、キーボード上部に一列に並んだ数字キーでは入力がしづらいですよね。

今回は、手持ちのスマートフォンを簡単にパソコンの「テンキー」化できる便利なMac・Win向けソフトウェア+Androidアプリの紹介です。

パソコン側の設定

こちらのサイトからパソコンのOSに合ったZipファイルをダウンロードして解凍してください
スクリーンショット 2015 03 07 14 03 43

この「andReceiver.jar」を起動します。

スクリーンショット 2015 03 07 14 08 12

するとこのように小さなウィンドウが表示されす。「起動中」の表示になっていれば、とりあえずパソコン側での設定は終わりです。このまま起動させておきます。

スマホ側の設定

まず、前提としてパソコンと同じWifiに接続しておきます。

Googleplay

こちらのアプリをダウンロード・インストールしておきます。

ダウンロード後起動すると、「パソコンのIPアドレス」を入力する欄がありますので、そこに先ほどパソコンに表示されたIPアドレスを入力して下部にある「設定」をタップします。

FullSizeRender 4

すると、このように設定画面が表示されます。他にもキーボードやマウスなどの機能もありますが、ここでは画面の大きさなどを考慮していちばん活用できそうな「テンキー」を設定してみます。

FullSizeRender 3

このように、スマートフォンの画面にテンキーを表示させ、そこからパソコンに文字を入力させることが可能になりました(もちろん無線で!)

IMG 9623

まとめ

このAirHIDは、かなり古いAndroidバージョンにも対応していますので、機種変して不要になった古い携帯電話などをテンキーとして利用することも可能です。他にも、外出先などで作業をする際に手持ちのスマートフォンをテンキーとして使うなど、活用の幅は広いかと思います。

以上、スマホをテンキーにできるとても便利なアプリケーション「AirHID」の紹介でした!