Wwdc15

しゅんぼー(@shun_kashiwa)です。

今年も早いもので6月、開発者の祭典「WWDC」の季節となってまいりました。

今回の基調講演は、OSX→iOS→watchOS→One more thing…に順番で進み、それぞれ「OS X El Capitan」「iOS 9」「watchOS 2」「Apple Music」が発表されました。

2時間という長めのキーノートですが、要点をまとめてみました。

OSX

毎年のことですが、OSXの次期バージョン10.11が発表されています。

OS X El Capitan

次期OSXのネーミングは「OSX El Capitan」です。

エルキャピタンとは、ヨセミテ国立公園の岩の名前で、ヨセミテを継承した名前と言えると思います。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 22 02  2

新しいSafariでは、タブを左にスライドしてくることでタブを固定することができます。

これらは、Safariのウィンドウを閉じても維持され、もう一度開けば復帰します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 21 45  2

Spotlightでは、文字で様々な情報を検索できるようになります。

例えば、「先週仕事したドキュメント」と検索すれば、その一覧が表示されます。

これらはFinder,メールなどのアプリからも使うことができます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 22 16  2

ウィンドウシステムも一新されます。ミッションコントロールはもっと見やすく。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 22 22  2

ウィンドウの分割もできるようになります。

これは、ただウィンドウを半分にすることができるのではなく、「フルスクリーン状態を2つに分割する」といったものです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 22 32  2

もちろん、その他にも様々な新機能があります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 09 59  2

また、今回のアップデートの大きな特徴は、パフォーマンスを向上させたことに有ります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 23 04  2

iOS向けに去年公開された「Metal」がMacでも使えるようになり、レンダリングが高速化されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 28 44  2

3Dゲームで使われるUnreal EngineにMetalを組み込んで開発する様子がデモンストレーションされました。
Macでゲームをする方は注目ですね。

iOS

iOS 9についての話です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 31 44  2

iOS 9では、Siriがアシスタントとして進化します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 32 16  2

デザインが新しく

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 33 33  2

Siriは我々の行動をより知るようになります。「車に乗ったら」といったリマインダーをSiriを経由して設定できます。

また、イヤホンを挿せば音楽が流れるようになります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 35 23  2

Spotlightは元の位置に戻るようですね。ホーム画面の左です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 35 46  2

これらのSpotlight、Siriの検索機能を利用するためのAPIが公開されます。

これによって、アプリはコンテンツをiOSとリンクさせ、iOSから検索することができます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 36 47  2

ここからはデモになります。

例えばメッセージが来たとして

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 37 09  2

Siriに「このことを後でリマインド」とします。

すると、Siriはこのメールの内容を後でリマインドしてくれるわけです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 38 07  2

また、メールなどで招待が届いた場合、それをSiriは自動的にカレンダーに追加します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 39 12  2

アプリの検索APIの例として、「ポテト」と検索すると、レシピアプリのポテトの項目が表示されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 39 22  2

これらはデータとリンクされているので、ただアプリが開くだけではなく、ちゃんとポテトの項目を表示します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 39 55  2

他にも単位換算ができたり、様々な機能を実装しています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 41 57  2

こう見ると、個人情報がきになるところであります。

しかし、これは匿名であり、サードパーティにこれらのデータは渡りません。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 42 40  2

Apple Payについてです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 44 15  2

「Square」というサービスをご存知でしょうか?小規模の店でも、簡単にクレジットカード決済を導入できるサービスです。

これの新しい端末は、Apple Payをサポートしています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 46 42  2

今まで、Apple Payはアメリカ限定で開始されていましたが、イギリスでも開始されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 47 01  2

Apple Payはそれぞれの独自カードにも対応します。ポイントカードみたいなやつですね。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 47 49  2

今まで「Passbook」という名称だったあれは、「Wallet」という名称に変更されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 48 34  2

次に、「メモ」の話です。多くのiOSユーザーはメモを使っています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 48 47  2

新しいメモにはツールバーが実装され、フォントサイズを変更したり

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 49 02  2

チェックリストをつけたり

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 49 53  2

写真、URL、位置情報など様々な情報をメモに含むことが出来るようになります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 50 13  2

もちろん、これはMacでも使えます。

iCloudを介して、シームレスに同期されるわけです。

次にマップのアップデートです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 51 04  2

道順も大事ですが、多くのユーザーが気にしているのは公共交通機関での移動です。

そこで、マップアプリで乗り換え案内機能が追加されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 51 23  2

時間通りに電車に乗るため、マップアプリが最適なサポートをしてくれます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 52 30  2

Siriからも検索が可能です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 52 39  2

で、これらの街と中国の多くの都市で使えるようになります。

東京はないですね。そんなに簡単に参入できるほど簡単に実装できそうにないですね。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 53 59  2

「News」というアプリが追加されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 54 07  2

これがニュースアプリのデザインです。美しいですね。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 54 17  2

それぞれのユーザーに最適化されたニュースが表示されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 55 06  2

最初に起動すると、自分の興味のある分野を聞かれます。これによって、ユーザーの好みを知り、最適化されたニュースが届くようになります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 55 53  2

今までで一番美しいデザインでニュースを読むことができます。

Appleお得意のアニメーションが多用されており、本当に美しいものとなっています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 02 58 18  2

本当に多くのカテゴリがあります。これらは検索で見つけることが可能で、それに関連するニュースが表示されるようになります。

 

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 01 02  2

これらの、多くの多くのニュースサイトの情報をNewsで読むことが可能になります。

 

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 02 22  2

キーボードにはツールバーが表示されます。一発でコピー、ペーストなどが可能になります。

また、キーボードをトラックパッドのようにドラッグすることで、カーソルをスクロールすることが可能になります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 03 42  2

そしてなんと!マルチタスキングが超進化します!

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 04 18  2

これが新しいアプリスイッチャーです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 04 51  2

そしてここからアプリを同時に2つ起動することが可能になっています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 05 10  2

メモを見ながらSafariで検索するとか、

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 05 58  2

もちろん、その比率を変えることも可能です。

さらに!

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 07 54  2

動画を見ている時に通知がくると、その動画を他のアプリ上に表示し、コンテンツを視聴し続けることが可能です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 08 46  2

これらにはAPIが用意され、それぞれの開発者のアプリの中で実装することが可能です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 10 23  2

今回のアップデートでは、Siriなど多くのバッテリーを消費する機能が実装されていますね。

それに伴い、省電力モードを実装し、iPhoneやiPadのバッテリーを3時間延長することが可能です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 12 14  2

また、もちろん多くの開発者のための新機能を実装しています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 13 05  2

Healthには更に多くのパラメータが追加され

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 13 29  2

Homekitではどんなセンサーも監視可能に

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 13 42  2

そしてiCloudからセキュアに接続します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 14 26  2

CarPlayはiPhoneから起動できるように。車が対応してなくても使えます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 15 33  2

昨年リリースした言語「Swift」は「Swift 2」に進化。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 16 12  2

そしてオープンソース化されます。

これにより、LinuxでもSwiftが動くようになり、更なるSwiftの普及が想定されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 17 12  2

iOS 9は8がサポートする全てのデバイスをサポートします。

watchOS

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 27 35  2

Apple WatchのOS「watchOS」に関してです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 28 59  2

バージョン2として公開されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 29 19  2

これらの機能がwatchOS2に追加されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 29 33  2

写真のフェイスや

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 30 19  2

タイムラプスなどが追加されます。

これらは、昨年秋のApple Watchのアナウンス時に公表されていたものの、4月の発売時に削除されていたものです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 31 11  2

開発者は、時計のウィジェットを開発することが可能になります。それぞれの通知やHomeKitなどとの連携が可能になります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 32 00  2

タイムトラベル機能では、時間を巻き戻すことで見逃した通知などを見直すことができます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 32 41  2

また充電中に時計を表示する機能が追加されます。目覚ましに使えます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 34 04  2

なぜかWatchに対応していなかったFacetime Audioですが、ここで対応します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 35 35  2

Walletでは、先ほどと同じようにポイントカードなどを使うことが可能になります。。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 36 27  2

Siriも進化します。

Homekitとの連携により家を腕時計に話しかけて動かしたり、グランスを表示させたりすることが可能になります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 37 20  2

新しいWatchKitでは、ロジックもWatchで処理できるようになります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 37 46  2

WatchはWi-Fiに接続できますので、アプリの高速化が期待されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 38 13  2

他にも、マイクを使ったボイスメモ

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 38 30  2

スピーカーからのオーディオ出力

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 38 34  2

ビデオの再生などが可能です。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 39 56  2

デジタルクラウンなどを、WatchKitから操作できるようになります。これにより、現状Appleの公式アプリだけに実装されているユーザーインターフェースを、サードパーティのアプリにも実装することが可能になります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 44 53  2

watchOS 2は秋に無料で公開されます。

One more thing…

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 45 46  2

うん。例のあのサービスがまだですよ。クックさん。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 48 15  2

ですです!Apple Musicです!

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 50 22  2

ただストリーミングで音楽を聴いたり、アーティストをフォローするだけならサービスがたくさんあります。

Appleは、Appleにしかできない、音楽のエコシステムを構築しようとしています。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 51 40  2

デザインかっこ良い。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 53 29  2

アプリのアイコンは変更になるようです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 56 36  2

Apple Musicは革命的な音楽サービスです。

Apple Musicは次に我々にどんな音楽が聴きたいか知っています。ユーザーにとって一番気持ちいい音楽を流してくれるわけです。

24時間365日聴くことが出来るラジオ局でもあります。

また、ファンとアーティストを繋げるプラットフォームでもあります。

これが、Appleの考えているエコシステムです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 57 12  2

Apple Musicは「My Music」から始まります。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 57 35  2

ライブラリにある音楽だけではなく、iTunesにあるたくさんの曲を聴くことができます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 58 20  2

「For You」と「New」により、ユーザーに合った新しい音楽を聴くことができます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 03 59 10  2

さらに、世界で最も優れたラジオ局である「Beats 1」がMusicアプリに登場します。

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 06 27  2

再生画面はよりカッコよく

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 08 18  2

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 08 50  2

Newsアプリと同じように、自分の好みをMusicは学習していきます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 11 47  2

YoutubeアプリのようなUIのPV再生画面

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 11 17  2

音楽の再生画面を横にすると、フルスクリーンでPVが再生されます。

Connectでは、PVではなくアーティストの投稿した動画が再生されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 15 28  2

Siriは音楽について詳しくなりました。

曲名をいえば再生してくれるのはもちろん、「オルタナティブのトップ10を再生」といえばApple Musicのランキングから自動的に再生されます。

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 17 49  2

今月末に、iOS 8.4と一緒に公開されます。

プラットフォームとして、Appleデバイスに加え、WindowsのiTunes,そしてAndroidにも対応するとのことです。

Shumbo Image 2015 06 09 at 04 18 41  2

料金は、通常9.99ドル/月となっていますが、6人まで家族で共有できるプランも14.99ドル/月で開始されます。

100以上の国で公開されるとのことですので、日本も含まれているものと思われます。

さいごに

例年通りOSのアップデートが発表され、それにくわえてMusicが発表されたということだと思います。

デザインが一新された「iOS 7」「OS X Yosemite」、新機能が多く搭載された「iOS 8」の時に比べると機能面での驚きは少なかったように思いますが、僕のiOS 8.3はしょっちゅうクラッシュしているので、その辺りの挙動がどうなってくるかがポイントかなと思います。

個人的に気になるのは、AppleがついにAndroidアプリを作ることです。
ジョブズはAndroidがiPhoneをパクったということでGoogleを嫌い、iTunesもこれまでAndroidをサポートしてきませんでした。
彼の行ったことを真似すれば良いということではないのは分かりますが、もう少しプライドを持ってもいいかなと個人的には思っています。

Appleのサイト(http://apple.com)では、それぞれのページが設けられており、より詳細な情報を見ることができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、しゅんぼー(@shun_kashiwa)でした。